サイト内検索(by Google)

新車か中古車か

PAGETITLE
自動車を買うときに、新車を買うか中古車を買うか迷うことがありますか。
予算がなければ中古車になってしまいますが、ある程度予算があればどちらを選ぶかで迷います。
どんなポイントがあるでしょうか。
中古車の値段は需要と供給のバランスがそのままその価格に反映されます。
つまり簡単に言えば人気のある車は高く、人気のない車は安いということになります。
そうすると好きな車種でも色にこだわらなければ安く買えるということになります。
人気の色を選ばないようにすれば高年式中古車がお得、ということになります。
同じ理屈はボディ形状にも言えます。
最近はRVタイプ、ワゴンタイプのような形状がブームになっていてセダンタイプは人気がありません。
もしあまり形状にもこだわりがないのであれば安く買える中古セダンタイプが狙い目です。
軽自動車はルーフの高いタイプと低いタイプがあります。
ルーフの高いタイプ(ムーブ、ワゴンR、ライフなど)は中古でもあまり安価ではないものが多いですしお買い得感があまりありません。
このタイプをお望みでしたら新車をお勧めします。
昔からあるルーフの低いタイプ(アルト、ミラなど)は中古車でも安く買えると思いますが、よく選んでください。
そして事故車も場合によってはお買い得です。
「事故車」という言葉は聞こえが悪いですが、「ちょっとぶつかったことがある車」と言えばいいでしょうか。
けっこう派手にぶつかっているような車は避けたほうがいいですが、ちょっとした損傷であれば車の走行には支障がありません。
中古車の流通上は「事故車」のレッテルが貼られていますが、少しでも安い車を買おうと思うなら一見の価値ありです。

お役立ち情報