サイト内検索(by Google)

中古オートバイ選びのポイント

PAGETITLE
中古車市場が賑わいを見せている昨今ですが、オートバイも同じように販売や買取が行なわれています。
中古車を買うのと同様、中古オートバイを買うのも大きな買い物ですから、気軽に買うお店を決めるわけには行きません。
まずできるだけ正規販売店で買うようにしましょう。
各メーカーの看板が上がっていても実際には正規代理店からはずされてしまっているお店が多くあります。
正規代理店でなくても安く買えるほうがいいと思うかもしれません。
正規代理店で買うメリットはまず通常であれば2年のメーカー保証が受けられることと、修理やメンテナンスの時にメーカーからパーツをすぐ仕入れることができること、またリコールに対応してくれることなどがあります。
最初は安く買えるかもしれませんが、買った後のことをよく考えてバイク選び、お店選びをしましょう。
そして車体価格にだまされないようにしましょう。
バイクは車体価格の他に諸費用と自賠責保険料、重量税(126cc以上)がかかります。
諸費用というのがちょっとやっかいで、お店によって値段が違います。
何のお金かと聞くと、バイクを乗れるようにするための整備費用(乗り出し手数料)とか、いろいろな手続きの手数料だとか、いまいち納得できないこともあります。
つまり車体価格を安く表示して、このような諸費用で利益を得ようとしているお店が多いのです。
初めてオートバイを買う人はそんなものかと納得せざるを得ずお金を払うことになってしまいます。
それで表示価格に惑わされず最終的な総額をきちんと見積もってもらい判断しましょう。