サイト内検索(by Google)

フェラーリについて

PAGETITLE
フェラーリと聞けば1980年ごろのスーパーカーブームに興じた世代にとっては心の高鳴りを感じずにはいられないものです。
512BB、365GT4BB、308GTB、ディノ246GTなどなど今でもいくつかの車種を思い出せるのではないでしょうか。
フェラーリはイタリアの自動車メーカーでおもに高級スポーツカーを製造しています。
レース用モデルを発売しながら市販車も発売していて、高価ですがヨーロッパ、アメリカなどで人気を博しています。
スーパーカーブーム以降日本でも人気を集めています。
1991年に社長が変わってからは品質の改善や安全性が向上し、オーナー層を広げているそうですが、一般人にとっては所有したいというよりじっくり見たい、乗ってみたいと思う憧れのほうが大きいと思います。
現行モデルのFシリーズなど、昔と比べるとエンジン性能や品質や安全性、デザインなどが飛躍的に向上していますが、スーパーカーブーム世代としてはやはり当時のあのフェラーリをまた見てみたいと思うのは当然ですね。
今でもあるのかとネットで探してみるとその中古車フェラーリを続々と見い出すことができます。
価格は1000万円以上ですが、スーパーカー世代がこの車の色や形を見ると「おー」と思わず声を上げてしまいそうなくらい懐かしいときめきがあります。
でも記載によるとオーバーホール済みとか、保証なしとか、さすがに30年以上前の車ではあるのですが、あの「真っ赤」や「真っ黄色」の色、流線型のデザインはあの世代の人たちにとってはまだあせることなく、今でも素直に「かっこいい」と思います。
いつまでも残しておいてほしい車たちですね。

お役立ち情報